失踪者

遺族年金のやさしい解説書

特殊な事例

失踪者

遺族年金は被保険者の死亡が確認された時点でその遺族の生活を保障するための年金であるわけですがその全ての被保険者の死亡が確実に確認できないでいるケースも決してネイとは言い切れません。

いわゆる行方不明や失踪などによって所在がわからず確実な生死が確認できない被保険者の場合遺族年金をもらうことが可能となるのでしょうか。

法律上は失踪者は失踪後7年が経過した場合利害関係人が家庭裁判所に申し出を立てることにより家庭裁判所が失踪の宣告をします失踪の宣告を受けた人は失踪の宣告を受けることにより戸籍上は死亡した人と同じ扱いを受けることになります。つまり行方不明になった時点から7年間その消息がつかめなくなってしまった被保険者は失踪という扱いを受けることで死亡したものと同じとみなされ、遺族年金その他の保証を遺族が受けることが可能となります。

注意すべき点としては失踪した被保険者によって受け取ることとなった遺族厚生年金の受給は不在者が失踪した当時の生計維持関係を見た上で受給要件に問題がなければ受給者が遺族厚生年金を受け取ることが可能となります。しかしこれは遡って受給が開始されるということではないのでその点も注意が必要です。

失踪宣告をして後でその被保険者が戻ってきた場合は家庭裁判所に本人や利害関係人の申し立てを受け家庭裁判所は失踪の宣告を取り消すこととなります。この場合失踪当時から今まで行われてきた例えば生きているとは知らなかったなどの行いには一切影響はありません。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved