利回りと運用手数料

遺族年金のやさしい解説書

遺族年金の問題点

利回りと運用手数料

遺族年金は国際投信としても高い人気を集めここ数年で大きな注目を集めています。さらに遺族年金には高齢者の投資信託者を中心に債権としても非常に人気の高いものとなっているという側面があります。

それというのも遺族年金は国の補償する制度であるのと同時に、毎月決済型の商品である安心で安定したものを好む傾向にある日本人には非常に好まれる商品であるといわれています。

しかしいかに遺族年金が安心で安全な債権であったとしてもそこには運用手数料という一つの大きな問題点が生じています。一般的に遺族年金の利回り率は4%程度であるとされていますがそれに対して運用手数料は1.25%と利回り率の実に1/4にも上る金額が運用手数料として差し引かれてしまうのです。

遺族年金に限らず債権を購入する目的はお金儲けになるはずです。その際に遺族年金における債権のよい点ばかりが強調され宣伝されることで、このような事実に気付いている人は実際に遺族年金による債権を購入している人のうちほんの一握りしか存在しないといわれています。

運用手数料によって利回り率が低下してしまうというのは遺族年金を債権として利用する上で非常に問題となることだといわれています。 債権としての遺族年金は安全で安定しているという事実は変わりませんが。この高額な運用手数料ゆえに確実に自身の収入を低下させてしまっているという事実も存在します。遺族年金の債権を利用する際にはこの点を考慮して本島に購入すべきかどうかの判断が重要なのだといえます。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved