男性差別

遺族年金のやさしい解説書

遺族年金の問題点

男性差別

遺族年金は戸籍など形式上の婚姻関係だけに囚われず事実上の婚姻関係などもその範囲内に収めるなどの先進的な一面もある一方で男性は外で働き多くの収入を得ているものという古い習慣を前提として成り立っている側面が強く、夫婦間の間で行われる遺族年金のやり取りも夫に対しては非常に不利なものとなっています。

例えば夫の体が弱く満足に仕事のできない家庭などで家計を支えている妻が死亡した場合の夫が受給できる遺族厚生年金は少なくとも夫が55歳にならないと受給できないものとされています。対して夫が死亡した際に妻が受け取る遺族厚生年金は30歳未満の場合に5年間という期限こそつくものノ基本的に妻の側に年齢制限は存在しません。

遺族基礎年金に至っては受給できる権利を持っているのが子のある妻または子でありさらに子が受給権を持つ場合の受給停止の条件としてその子の父または母があるときとあり夫に遺族基礎年金が支給されるということはありえません。

昔ながらの男性は外で働き家庭を守っていき女性は専業主婦であり夫の守られなければ生きてはいけないという考え方が遺族年金を受給する上で前提として存在し遺族年金は現在の就職難を抱えている世の中には適さない考え方も多数見受けられます。

現在は夫婦共働きで何とか生計を維持できているような家庭が一般的であるにもかかわらずこのような年金制度のままでは年金制度事態の信用も低下していく一方であるとの意見も存在し。男性にとって不利となる年金制度は早急な改革が求められるといってもいいでしょう。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved