在日外国人に対する年金制度

遺族年金のやさしい解説書

遺族年金の問題点

在日外国人に対する年金制度

日本の年金制度は国籍が関係なく日本の住所を所有している人であれば誰でも受け取ることが可能となっています。日本の住所を所持している人は20歳から60歳までの間国籍に関わらず国民年金を納めることになっていますし厚生年金も日本の企業に就職している以上一定の条件の下国籍に関係なく収めることが普通となっています。

日本に長期滞在する外国人にとっては国内で家族に万が一のことがあった場合にその後の生活を保障してくれる遺族年金はもちろんのこと非常に多くの利点があることとも取れるでしょう。

しかし短期間のみ日本に滞在していただけの外国人からも国民年金や厚生年金といった年金を徴収してしまってはその人たちにとっては何の利点にもなりません。 国民年金の場合は日本に来たときの年齢がある程度あるために60歳を迎えるまでに25年間年金を払えない人は国民からの脱退という手段が用意されています。

しかし厚生年金の場合は日本の企業に就職している以上徴収されていくものとされているためにこの問題が生じます。ただし日本と社会保障協定を結んでいる国は日本で払った年金を母国の年金制度にも反映できるという協定を結んでいる国もあります。

2010年現在日本と社会保障協定を結んでいる国はドイツ、イギリス、韓国、アメリカ、ベルギー、フランス、カナダ、オーストラリア、オランダ、チェコの10カ国と協定が結ばれていて、さらにスペイン、イタリア、アイルランド、ブラジルとも協定についての署名が交わされています。今後この協定に加入している国が増えていくことでより確実に在日外国人の年金を保障できるものとなっていくことが期待されています。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved