受給者の条件

遺族年金のやさしい解説書

遺族共済年金

受給者の条件

遺族共済年金には被保険者に条件があるのと同時に受給者側にも一定の条件が課されるものとなっています。

まず年金を受け取る権利が最も大きなものとなっているのは死亡した被保険者の人物に扶養されていた妻や子供に対してです。遺族基礎年金や遺族厚生年金でも同じような決まりがあり遺族年金というものの最も大きな目的が死亡した人に扶養されていた家族の救済であると追い言うことがうかがい知れます。

特に被保険者とその妻の間に子供がない状態で被保険者が死亡した場合。遺族基礎年金はもらえないものの。遺族厚生年金や遺族共済年金の受け取り手は妻ということになります。さらに平成19年4月1日以降は夫が死亡した場合でも妻が30歳未満でなおかつ子供がいなかった場合に限り5年間だけ遺族共済年金を受けることが可能となっています。

しかしこの妻に年収850万円以上の収入がある場合は遺族共済年金はもとより遺族基礎年金、遺族厚生年金などもその受給権を取得することはできません。 さらに死亡した被保険者に配偶者、子供ともにいなかった場合は父母、孫、祖父母の順に受給できる権利が与えられます。

しかしこれらのケースでは配偶者や子供が受給権を得るとき以上にム塚しい条件がつきます。まず父母や祖父母は年齢が55歳以上になっていなければ受け取ることができません。孫の場合もその孫が18歳未満であるかあるいは1級から2級の障害がありなおかつ未婚の20歳未満の人に限られています。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved