加給年金の振替加算

遺族年金のやさしい解説書

遺族共済年金

加給年金の振替加算

被保険者の扶養している配偶者が65歳を迎えるとその配偶者自身の老齢年金を受け取ることとなり加給年金の受給はその時点を持って終了となります。しかしここには例外が存在します。

昭和41年4月1日以前に生まれた配偶者でそれまで加給年金を受け取ってきた配偶者の場合に限り65歳以降でも加給年金を受け取ることが可能となっています。 加給年金とは厚生年金や共済年金に加入している人本人にして支給されるものですが加給年金の振替加算に関しは年金に加入している人の配偶者に支給される年金となっています。

本人ではなく配偶者をはじめとしてその年金加入者の扶養を受けていた人を救済する年金制度という面では遺族年金と非常に似通った面があるといえます。 加給年金の振替加算の受給額というのはその人の生年月日によって大きく影響を受けるものですがそれも1日違うだけ出で変わってしまうという非常に複雑なものとなっています。

例を挙げると加給年金の振替加算を受けられる人の中で最も金額の低い人は昭和40年の4月2日から昭和41年の4月1日に生まれた人に対して平成18年度現在で1万5300円の加算がされることになっていますがこの加算日が1日でも過ぎて生まれていると振替加算は受けられなくなり逆に昭和41年の4月1日に生まれた人は2万7300円の振替加算を受けることだできるというように1年刻みで非常に細かく金額が設定されているために受給権のある人も自分がいくらの受給権を有しているかの判断が難しくそのつど窓口で確認していくことが推奨されています。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved