加給年金

遺族年金のやさしい解説書

遺族共済年金

加給年金

加給年金というのは共済年金の制度のうちの一つで老齢年金を受け取る際に配偶者や子供といった扶養者がいる場合に老齢年金を上乗せできるという制度です。

遺族共済年金が被保険者が死亡した場合に残せれて扶養家族の救済に当てられる年金であるとすれば。加給年金は年をとって働けなくなり老齢年金を受給して生活するようになった場合に自分の家族を救済するための措置であるといえます。

加給年金を受給される条件としてはまず被保険者自身の保険加入期間が20年以上でありさらに配偶者が退職共済年金や障害年金を受給していないこと、被保険者の配偶者が65歳未満であること年金加入者と同一の世帯で生計をともにしており、なおかつ配偶者の収入が850万円未満であるということ。

子供の場合は年齢が18歳未満であるか、もしくは20歳未満で1級または2級の障害者判定を受けている場合に支給されるということになっています。これらの条件は遺族厚生年金などとかわりなく多くの年金受給の条件と共通なようです。

基本的に加給年金は被保険者が扶養している配偶者や子供の数に応じており被保険者本人との関係に関わらず1人当たり年間22万7900円を受給できるという決まりになっています。ただし22万7900円が適応されるのは扶養家族が3人目までで4人目以降は7万5900円となります。例を挙げるとすると被保険者の扶養する家族が配偶者と3人の子供だった場合配偶者と子供2人までは22万7900円を受給することができますが3人目の子供にいたる場合7万5900円となります。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved