保険料納付要件

遺族年金のやさしい解説書

遺族厚生年金

保険料納付要件

主に短期要件において遺族厚生年金を受給する場合には一定の期間において納付額に未納が無いことを初めとして、保険料納付要件といういくつかの条件がつくことがあります。

保険料納付要件の原則としては死亡日の前日において死亡日の属する月の前々月までに国民年金の被保険者機関があるときは当該被保険者期間にかかる保険料納付済み期間と保険料免除期間を合算した期間が当該保険者機関の3分の2以上を満たしている場合に適応されるというものがあります。

これは遺族基礎年金の際にも見られたものと同じく保険料の未納機関が全体の3分の1を上回ってしまうと遺族厚生年金の受給資格にも影響が出てきてしまうというものです。

遺族厚生年金の保険料納付要件には上記の原則以外にも特例が認められる場合があります。短期要件の被保険者の死亡日が平成28年3月31日以前で遺族厚生年金を受給する場合は死亡日の前日において死亡日の属する月の前々月までの1年間保険料納付済み機関と保険料免除期間以外の国民年金の被保険者機関が存在しない場合にのみ特例として遺族厚生年金の受給資格が与えられるというものです。

死亡日に国民年金の被保険者でなかった場合は死亡日の属する月の前々月から最も近い国民年金の被保険者にかかるつきまでの1年間保険料の未納がなければこの特例を受けられるということになっています。この特例も日保険期間の3分の1の以上の未納によって受給資格がなくなることと同じく遺族基礎年金と同じようなものとして扱われています。遺族厚生年金の場合も遺族基礎年金と同じく特例は65歳を過ぎると受けられなくなるとされています。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved