支給要件

遺族年金のやさしい解説書

遺族基礎年金

支給要件

遺族基礎年金の特徴として夫には支給されないということが大きな特徴となっています。遺族基礎年金は主に18歳未満の子供に対して支給されることを目的としていますのでまずは子供、そして被保険者の妻に対して支給されるものとなっています。

そのほか以下の条件を満たしている人が亡くなった場合において遺族基礎年金の支給を認めるものとされています。まず一つは被保険者、つまり国民年金の第一被保険者といわれている自営業などの人、第二号被保険者といわれている会社員や公務員といった人、さらに第三被保険者に当たる専業主婦などの人もその対象に入ります。

これらはいわゆる現役世代といわれる人たちで当然家族を支えるための所得を得ているという前提により遺族基礎年金が支給されるようになっています。

二つ目は被保険者であったもので60歳から65歳までで日本国内に住所を有している人とあります。一般的な企業の退職は60歳とされていて年金の支給は65歳とされていますのでその間を埋めるための項目であるといえます。 三つ目は老齢基礎年金の受給資格者その人が受け取っていた老齢年金のかわりに遺族が遺族年金を受け取ることになります。

そして最後に老齢基礎年金の受給資格を満たしている人。つまり国民年金の受給資格を25年間満たしている人でさらに65歳に達していない人を指します、さらにこの場合は退職後すぐの人とは違い住所が日本に限定されません。つまり海外に住所を置いている人にもこれが適応されることになります。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved