もらえる遺族

遺族年金のやさしい解説書

遺族基礎年金

もらえる遺族

遺族基礎年金という制度は主に18歳未満の子供を保護するために用いられている制度です。それゆえに受給の対象者となるものも志望した被保険者や被保険者であったものの子供自身や子のある妻に限定され、さらに被保険者の死亡当時その被保険者によって生計を維持されていた人とされています。

そのほか子供自身については多くの場合父母に当たる被保険者の死亡した当時18歳になって最初の3月31日より前であることが基本の条件とされています。さらに現に婚姻をしていないこと。障害等級に該当する障害のある人の場合は20歳未満まで受け取ることが可能となります。おおよそは高校卒業までの子供に受給される権利があると考えてもらえれば間違いないと思います。

妻に対する受給権利の場合重要となるのは被保険者によって生計を維持されていた18歳未満の子供と生計を同じくしていたことになります。この場合例えば夫の連れ子のような妻と子の間に血縁関係は認められなくても受給することが可能となっていることです。

遺族基礎年金はあくまで子供を保護する目的で存在する制度であるので子供に支払われるのならばその保護者にもといった考え方であるために、子の無い妻には受給できません。 また被保険者である夫の死亡当時胎児であった子供の扱いに関してはその子供が誕生した時点から遺族年金の受給者として扱われ、また妻に対しても子供が誕生した時点から受給資格が与えられます。

特殊な事例の一部として法律上の婚姻を結んでいない内縁の妻には受給権利は認められますが、連れ子が妻の連れ後で死亡した被保険者の夫との間に養子縁組が行われていない場合受給資格が認められないといったものもあります。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved