受給期間と支給額

遺族年金のやさしい解説書

寡婦年金

受給期間と支給額

寡婦年金とは基本的に60歳から65歳までという期間を限定して受給される年金であり受給で着る機関はそう長くはありません。そういったことも寡婦年金が一般的に認知される機会の減少につながっているのでしょう。

具体的な寡婦年金の受給期間は妻が60歳に満たない場合は60歳になった次の月から至急が開始され65歳になる月の属する月までの5年間にわたって支給されることとなっています。あるいは妻が60歳以上の場合夫の死亡した日の属する月の次の月から妻が65歳になるつきまでの期間において寡婦年金を受給することができます。

このように寡婦年金を受給できる期間というものは最大でも5年間と比較的短く、しかも60歳を超えないと支給されないということで数ある遺族年金の中でも適応される機会は決して多いものではないといわれています。

寡婦年金の受給額としては自営業などのいわゆる第1号被保険者である夫が死亡した時点で被保険者であった場合死亡日の前日における保険料納付済み期間と保険料免除機関を基礎に老齢基礎年金の例によって計算した額の3/4の金額を受給できるものとされています。

つまり寡婦年金を受給するためには志望した夫が第1号被保険者、つまり自営業などを営んでいてなおかつ現役の被保険者として保険料を収めていることも条件とされ、大変受給するための用件は多いものとなっています。 これら多くの要件が存在しているがために寡婦年金の存在は一般にはそれほど広く認知されない要因となっていると思われます。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved