未支給年金

遺族年金のやさしい解説書

その他の遺族年金

未支給年金

年金を納めている以上それが多くの場合老齢年金という形で帰ってきます。しかしそれを待たずして被保険者がなくなってしまった場合受け取るはずだった老齢年金の扱いはどのようなものになるのでしょうか。その受け取るはずだった年金を未支給年金と呼び、死亡した被保険者や子供などにそれを受け取る権利が生じます。

ただしここで難しくなるのは多くの場合死亡した時点で年金の受給権は失われるものになるはずです。それにもかかわらず死亡後受け取るはずだって年金についてのやり取りが行われるというのは少々違和感のある話だと思われます。

これについては例を挙げて説明しますと、今まで老齢年金を受け取っていた人が月の半ばで亡くなってしまった場合その月の老齢年金の受給が済んでいない場合その老齢年金を受け取る権利があるにもかかわらず受け取り手の人が亡くなってしまったために未支給年金という言葉を用いて関係者に受給権を譲渡するというものです。

未支給年金を受け取る権利を有しているのは配偶者、子供、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹とされており通常の年金制度において受給権を有しているというケースが一般的でない兄弟姉妹にも受給権が与えられているという特徴があります。ただし死亡した被保険者とこれらの関係に当たる人でも身支給年金の受給に当たってどうしても守らなければならない項目があります。

それは受給権者の死亡の時点で受給権者によって生計を維持していたという事実が確認できるものが必要とされることです。つまり町内会長や家主のような第3者から被保険者と受け取り手が同一の世帯に住んでいたという証明書を書いてもらい生計同一申立書を提出する必要があります。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved