死亡一時金

遺族年金のやさしい解説書

その他の遺族年金

死亡一時金

金額自体は正式な年金に比べて多くはありませんが死亡一時金というものは比較的大くの人が受け取れる可能性があるのが特徴で主に遺族補償というよりも掛け捨て防止策としての側面が強い制度であるといわれています。

国民年金においての死亡一時金というものは遺族年金と同じく被保険者が死亡した際にその遺族に対して支払われるものです。国民年金の第1号被保険者としてかけてきた保険料を無駄にしないために設けられて制度で国民年金保険料の月数に応じて12万から32万の金額を受け取ることができます。

ただし死亡一時金にも死亡した人や遺族に対しての要件がいくつか存在します。まず死亡した人に対する要件ですが死亡日の前日から数えて死亡日の属するつきの前の月までの国民年金の主に自営業などをしている人である第1号被保険者としての被保険者期間にかかる保険料納付済み期間と保険料半額免除期間の月数の半分に当たる月数を合算した月数が36ヶ月以上あることと老齢基礎年金や障害基礎年金を受けたことがない場合に限り死亡一時金の要件を満たすことになります。第1号被保険者に関する記述は任意加入である被保険者もその対象に含まれます。

受け取る遺族に対しての要件は遺族基礎年金を受け取る対象となっていない人となっていますが例外的に子が遺族基礎年金の受給者である場合は死亡一時金の受け取り手に名乗り出ることができます。

わかりやすい例を一つ挙げると夫が亡くなった際に16歳だった娘が嫁に行くことになり遺族基礎年金の受給権が発生しつつも結果的に一月ぶんも遺族基礎年金が受け取れなかった場合などに死亡一時金が支給されるというものです。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved