遺族年金のやさしい解説書

遺族年金のやさしい解説書

遺族年金について

遺族年金って普通の年金と違うの?

生活をともにしている家族のうち生活のために多くの所得を得ているいわゆる一家の大黒柱というべき人が亡くなってしまったら、今まで得ていた収入が得られなくなるばかりか精神的な負担も非常に大きいものであることは間違いなく、その家庭の生活は大変苦しいものとなることは言うまでもありません。

そのような人を救済するための措置として遺族年金という制度が存在します。遺族年金にはその管轄する政府の機関や受給できる対象者などに応じて、遺族基礎年金、遺族厚生年金、寡婦年金、遺族共済年金の4つに大別されます。

遺族年金は主に被保険者または老齢年金の受注資格者が死亡した場合に支給されるものが多く、その家族に第二子、第三子といた場合その受給額は増加していきます。そのほかにも遺族年金に似たような制度として死亡一時金などもあり生活が困難となった人を支えるための措置として非常に有効なものとなっています。

また、多くの国民の保護を扱う以上特殊な環境に置かれている人も多数存在し、そういった人たちの生活も幅広くサポートしていくために失踪や再婚などというような比較的特殊な事例に関してもしっかりとその制度が確立され、それにより多くの人の生活が保障されていることも日本が先進国の一つとして世界名を知られる要因の一つとなっています。

しかし年金制度も人が作ったものである以上まったくの問題がないというわけにはいきません。遺族年金が抱える問題のうち大きなものとして主に男性は遺族年金の需給において不利である場合が多いのです。それというのも日本には未だに外で働くのは男性の役目であるという考え方が根強く残っているためであるといえます。

そのほか外国人や投資信託に関する問題など未だに解決するべき課題はありますが国民の生活を支える上で年金制度は欠かせないものであるといえます。遺族年金をはじめ私たちの生活は国による様々な保護があって成り立っているのです。

遺族基礎年金
遺族共済年金
遺族厚生年金
寡婦年金
特殊な事例
遺族年金の問題点
その他の遺族年金
Copyright (C) 遺族年金のやさしい解説書 All Rights Reserved